青の花茶 成分

青の花茶【5種類のハーブの成分】徹底検証!

青の花茶成分

青の花茶を飲んだ人は続々とダイエットに成功していると、ダイエットの評判が高い青の花茶!

 

世の中に数多くあるダイエットや美容系のお茶ですが、青の花茶が美容業界の方からも注目されるのには理由があったのです!

 

それは、「成分」に秘密があるようです。

 

青の花茶は、5種類にハーブを独自製法でブレンドし、女性に嬉しいストレスなくダイエットすることを追求したハーブティー。

 

今回、5種類にハーブに含まれる成分とそれから得られる効果について詳しくご紹介します。

 

また、成分が良いだけでなく青の花茶は徹底した品質管理のもと作られていますので、安心して飲めることもできますよ。

 

これを読んだらきっとあなたもすぐ飲みたくなっちゃうかも!?

 

青の花茶の成分

 

青の花茶に含まれる主格のハーブは5種類!

 

・バタフライピー

 

・甜茶

 

・ラフマ

 

・メグスリノキ

 

・アマチャヅル

 

それぞれのハーブに含まれる成分についてご紹介します。

 

 

バタフライピー

 

青の花茶が透き通るキレイなブルーをしているのは、このバタフライピーのおかげ☆

 

バタフライピーは、東南アジア原産のマメ科の植物です。

 

世界の3大伝統医学であるアーユルヴェーダでも古くから使用されているハーブです。

 

バタフライピーは、ポリフェノールの一種、アントシアニンという成分が豊富に含まれています。

 

アントシアニンは眼精疲労に効果的とされる一方、メタボリックシンドロームの研究報告もされています。

 

その結果、脂肪の合成を抑制してくれたり、内臓脂肪の蓄積を抑える働きがあるということが分かりました。

 

 

甜茶

 

甜茶(甜茶)は、甘未のあるお茶として原産の中国でも5000年以上古来から貴重なお茶としてされていました。

 

甘さの秘密は、甜茶に含まれているルブソシドという成分によるもの。

 

ルブソシドは、砂糖の75倍から100倍の甘さがあるとされ、しかもカラダに蓄積されないので砂糖よりも罪悪感なく甘さをたしなむことができます。

 

ほかにも、ルブソシドや鉄などのミネラル、ポリフェノール成分が含まれています。

 

 

ラフマ

 

ラフマには、ポリフェノールの一種でもあるフラボノイドが含まれています。

 

フラボノイドにはカラダの酸化を防ぐ抗酸化力があります!

 

また、ラフマはリラックス効果だけでなく、血圧やコレステロールを下げる働きもあるようです。

 

 

アマチャヅル

 

アマチャヅルに含まれているサポニンは、カテキンと同等の効果がある成分です。

 

サポニンには、血液の巡りを良くしたり、コレステロール自体を除去してくれたりとさまざまな健康サポートをしてくれる成分です・

 

 

メグスリノキ

 

メグスリノキは日本にだけ生息するとされている珍しい植物。

 

メグスリノキには、タンニンやカテキンなどの利尿作用&抗菌作用のある成分が含まれていおり、江戸時代から点眼薬や洗眼薬として煎じられていました。

 

ほかにも、トリテルペンやフラボノイドといった成分が含まれていることから、健康をサポートしてくれます。

 

 

青の花茶成分まとめ

 

いかがでしたか?

 

植物の持つ力によって私たちのカラダに働きかけてくれるのが青の花茶というわけです。

 

あなたもさっそく青の花茶で美と健康を手に入れてみませんか?

 

>>青の花茶の成分はこちら