青の花茶 妊娠中

青の花茶は妊娠中でも飲めるの?注意点と副作用について

青の花茶妊娠中

青の花茶は女性に嬉しい効果が盛りだくさん!

 

味が美味しいだけでなく、ダイエットやリラックス効果も高く今や美容業界で話題浸透のハーブティーです。

 

ですが、ハーブティーのなかには妊娠中はNGとされるものも数多くあります。

 

青の花茶も、ノンカフェインなので妊娠中でも一見問題ないのでは?

 

と思うかもしれませんが、妊娠中は青の花茶はNG!!

 

ノンカフェインなのになぜ?

 

天然の植物の力なのに?

 

などの疑問にお答えして、妊娠中には飲んでいけない理由をご説明させていただきます。

 

また、妊娠期間が終わったあともしばらくは飲むことを避けるのが◎!

 

今回、妊娠中に飲むのがダメな理由と副作用や薬の服用について、青の花茶を飲むうえでの注意点を細かくご紹介します。

 

青の花茶が家に届いたら自己責任になるので、事前に注意点をよーく心得ておきましょう。

 

 

青の花茶妊娠中に飲んではいけない理由

 

理由1 子宮を収縮させる

 

青の花茶に配合されている主成分、バタフライピーには子宮を収縮する働きがあります。

 

そのため、妊娠中の方には青の花茶はおすすめできません。

 

妊娠中の方はもちろん、妊娠が発覚した時点で青の花茶は一旦ストップするようにしてくださいね。

 

 

理由2 体調に過敏に反応

 

青の花茶に含まれている成分は、健康や美をサポートしてくれるものばかりですが、ときには敏感に反応してしまうことも…。

 

とくに妊娠中の方は安心して過ごしてもらえるよう、使用をストップしたほうがいいでしょう。

 

 

授乳中は大丈夫?

 

妊娠中よりも危険性は低くなりますが、体調に過敏に反応してしまう恐れがあるので授乳中も控えるのが◎!

 

授乳期間が終わって、カラダが万全な状態のときにまたスタートするようにしてください。

 

 

青の花茶の副作用について

 

公式サイトでも書かれているとおり、いくら自然の植物を使っていてもアレルギーのように人によって合う合わないが生じてきてしまいます。

 

稀ですが、青の花茶で反応を起こす可能性も考えられますので反応や何か違和感を感じたらすぐに飲むことをやめましょう。

 

もしも、青の花茶を飲んだあとにかゆみや発疹、胃腸の不快感など出てきたらすぐに医師に相談するようにしてくださいね。

 

 

薬の服用について

 

青の花茶は5種類のハーブを使ったブレンドティーになりますので、薬との相性が合わない場合もあります。

 

担当の医師に、下記の原料の服用について相談するようにしましょう。

 

名称 茶類

 

原料名 甜茶・蝶豆・アマチャヅル・ラフマ・メグスリノキ

 

 

青の花茶妊娠中のまとめ

 

青の花茶は妊娠中はNGなので、妊娠が分かった時点で飲むことはやめてください。

 

また授乳中も控えるのが◎!

 

そのほか、副作用や薬との服用についてもご説明しましたが、体調が悪くなる場合もあるので、変化に気がついた時点で医師に相談するようにしましょう。

 

また、体調が悪いときや凄く疲れているときなどは避けるほうが無難です。

 

それさえ踏まえれば、青の花茶は女性に嬉しい効果がたっぷり詰まっていますので、美と健康のサポートにぜひ青の花茶をたしなんでみてはいかがでしょうか?

 

 

>>青の花茶について詳しくみる